ロゴ
HOME>特集>そのまま放置せずに処分を選択【家具家電を処分してスペース確保】

そのまま放置せずに処分を選択【家具家電を処分してスペース確保】

家電

簡単に済ませたい

家具家電を処分するには厳密なルールが設定されています。自治体によっても違いますが粗大ゴミとして出すにも、所定のシールなどを購入して自治体指定の場所まで搬送する手間が必要です。大型の家具では部屋から屋外に運び出して軽自動車などに積み込んで搬送する手間もかかります。現在ではいわゆる「家電リサイクル」が施行されているので、テレビや冷蔵庫など5大家電に該当するものは粗大ごみとして引き取ってもらうことも出来ず、廃棄するにはリサイクル券を購入して家電販売店などに持参する必要があります。こんな面倒な手間をかけたくないなら、家具家電処分の専門業者に依頼するのがおすすめです。大型家具や家電類の搬出など面倒な手間も含めて処分をお願いできます。

作業員

電話で連絡、見積を取る

家具家電の処分を専門業者に依頼する場合、電話やホームページの送信フォームから申込んで見積もりを取ってもらうことが必要です。見積もりをとって確認せずに契約だけを済ませてしまうと、終了後の請求額を巡ってトラブルに発展しかねないからです。時間に余裕があるなら相見積をだしてもらいことも検討するべきでしょう。一部は買取可能な場合もありますが、大型家具や家電などは搬出に人手が必要になるので費用が嵩む場合もあるからです。出来るだけ料金体系の明確な業者を選びましょう。そして都合のいい日を回収予定日に設定してもらいます。特に準備しておくことはありませんが、電源はぬいておき搬出径路にある備品は邪魔になるので、あらかじめ移動させておく必要があります。